一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

週末はOxford(オックスフォード)へ小旅行の旅へ!
オックスフォードと言えば学問の地として有名ですが、元々はサクソンの女王Frideawide(フライズワイド)さんがここに修道院を700年頃建てた伝説から始まり、13世紀に哲学者でもあった修道士がこの地に集まったことでオックスフォード大学が始まったそうな。

うちらの旅の始まりはPaddington Station(パディントン駅)。
パディントンベアでも有名なこの駅には銅像もありますー。
カワユス。
大きな駅で以外と存在感が薄く、ひっそりとたっています。

Paddington BearPaddington Bear posted by (C)kimmy

Bronze paddington bearBronze paddington bear posted by (C)kimmy

駅はレトロ感あふれる内装。
こういうのがイギリスだよなー。

Paddington Train StationPaddington Train Station posted by (C)kimmy

イギリスらしい、薄暗い雰囲気。
晴れはどこだー!!

Typical English weatherTypical English weather posted by (C)kimmy


まあそんな感じでパディントン駅からオックスフォード駅まで電車で1時間ちょっと。
1時間に2本ほど出ている電車は往復一人�瓧横瓦�らいでした。
電車のチケットはネットでも購入できます。
ちなみにバスだとVictoria Coach StationからOxford Busで1時間40分ほどですが、急にバス停の変更があるので確実に着くなら電車がおすすめです。

そして着いたよーこちらがメインストリート。
10時頃到着したのですが、既に多くの観光客で賑わっていてびっくりしました。

Oxford main streetOxford main street posted by (C)kimmy

郵便局もレトロ感たっぷり!!
むしろこっちの郵便局は周りと同化しすぎて、見つからないのがちょっと困ります。

郵便局郵便局 posted by (C)kimmy

しかし、新聞とか大きなもの入れる入り口と普通の郵便物の入り口の大きさが同じなのが笑えるっww

ポストの入り口ポストの入り口 posted by (C)kimmy


そして着いたよ、Christ Churchクライストチャーチ。
クライストチャーチ大聖堂でもらった地図です。

IMGP0981IMGP0981 posted by (C)kimmy

「不思議の国のアリス」の作者でもある Lewis Carroll(ルイスキャロル)がココで数学の講師をしていたことでも有名な学校であるとともに、映画「ハリーポッター」の一部舞台でもあるところです!!
見て、このいつでもハリーが出てきそうな空間☆

Christ ChurchChrist Church posted by (C)kimmy

歴史を感じる歴史を感じる posted by (C)kimmy

こんなドアも凄く絵になる。

秘密の図書館秘密の図書館 posted by (C)kimmy

ここの中庭はハリーポッターの最初のシーンで使われたそうな。

古き良き古き良き posted by (C)kimmy

光を照らす光を照らす posted by (C)kimmy

角を曲がって、いつでもハリーに遭遇できそうな雰囲気。
凛とした空気が漂います。

ハリーポッターに遭遇しそうなハリーポッターに遭遇しそうな posted by (C)kimmy


クィディッチ(ハリポタで空飛ぶ杖に乗って飛んでゲームするやつね)の試合が行われそうな中庭!!
ひろーい!
こんなところで勉強したら、勉強もはかどりそう(ほんとか?
真ん中に見えるのがトムタワーという塔で、オックスフォード出身の名建築家Christoper Wren(クリストファー レン)という人が8世紀に製作した作品。
この人は他にもグリニッジやダイアナ元王妃が結婚式をあげた聖ポール大聖堂を建築された方でもあります。

中庭中庭 posted by (C)kimmy

どこを撮っても絵になるな。

君に出会える日を夢見て君に出会える日を夢見て posted by (C)kimmy


そしてメインなハリポタ舞台となったグレートホールにある食堂!!
ここでホグウォーツの大切なシーンが数々演じられました。
実際はここの食堂を再現したものをスタジオに作って撮影したらしいのですが。

ハリーポッター舞台の食堂ハリーポッター舞台の食堂 posted by (C)kimmy

ここから物語が始まるここから物語が始まる posted by (C)kimmy

今夜は晩餐会今夜は晩餐会 posted by (C)kimmy

天井はこんな感じ。

立派な天井立派な天井 posted by (C)kimmy

壁はステンドグラスもあって、更に豪華さが増します。

ステンドグラスステンドグラス posted by (C)kimmy

食堂に続く階段はこんな感じ。

ぐるぐるぐるぐる posted by (C)kimmy

今すぐにでも飛んで行こうか今すぐにでも飛んで行こうか posted by (C)kimmy


ホントどこを撮っても絵になる素敵空間はまだまだ続きます。
次は敷地内の教会に行ってきます♪

Oxford Christ Church(英文)
Christ Church, OX1 1DP

月ー土: 9−17時
日: 14−17時
休館:12月25日
*最終入場は16:30までです。
ただし、平日12−14時にホールは閉館、毎日16;45に大聖堂は閉館します。
また、大学なのでその他お知らせなく閉館することもあります。

入場料:大人

散策というか、大冒険的な感じだったのですがww

Notting Hillノッティングヒルは映画「ノッティングヒルの恋人」で一躍有名になった街。
色々アンティークとか面白い物があるらしいので、行ってみることに。
しかし、コミュニケーション不足で事前に場所を調べてなかったので、適当に歩くことに。

落ち着いた閑静な住宅街が続きます。
凄い素敵な建物ばっかり!!

P3250021
P3250021 posted by (C)kimmy

P3250025
P3250025 posted by (C)kimmy

こんなところで絵を描いたらさぞかし気持ちいいのでは?

P3250023
P3250023 posted by (C)kimmy


鍵付きの住民しか入れない大きな公園があちらこちらにあって、高級住宅街を散策。
思いっきり道に迷いながら、でもいい日だからてくてく散歩。

そしたらなぜかブタとアヒルを発見!!
高級住宅街に似合わないけど、、、なんでいるんだろ。
謎は深まりますww

P3250029
P3250029 posted by (C)kimmy

P3250030
P3250030 posted by (C)kimmy

しばらくするとパステル調の可愛いお家が軒を連ねていました。
可愛い!

P3250032
P3250032 posted by (C)kimmy

P3250033
P3250033 posted by (C)kimmy

ドアの色まで違って、一つ一つ個性がありました。

P3260038
P3260038 posted by (C)kimmy

ただ、時々「なんでこんな色選んだんだろう」って明らかに浮いてる配色の家もあったりして、面白かった。
結局2時間くらいさまよって、すっごい遠い駅まで歩いて行って、目的のお店を見つけることもできずにいたけど、まあ沢山歩いたし可愛いお家も見れたし、良いかな?とか。

そんなのんびりライフな一日でした。
次はハリーポッターの舞台へいってきます!






JUGEMテーマ:旅行


ピンクの花がちらほら見えて、桜かわからなかったのですが。。。
やっぱり桜でした!
イギリスでも咲いていましたよ。

樺太の緯度だけど、咲くのはだいぶ早いです。
こちらは花びらが多いの。

桜花桜花 posted by (C)kimmy

GO PINKGO PINK posted by (C)kimmy

full blossomfull blossom posted by (C)kimmy


次の日は小川のそばの桜。
こちらはソメイヨシノみたいので日本を思い出しました。

春心、桜知ラズ春心、桜知ラズ posted by (C)kimmy

目に浮かぶのは、目に浮かぶのは、 posted by (C)kimmy



最後に気に入った和歌を一つ。

「桜花 散りぬる風のなごりには 水なき空に波ぞ立ちける」
(古今集、紀貫之)

(桜の花を吹き散らした風の名残に、まだ花びらが空に舞っている。それはまるで波のようで、水の無い空に立った波であることよ)


桜雪桜雪 posted by (C)kimmy





JUGEMテーマ:写真


Borough Marketから河沿いに歩くとロンドン橋があるというので、せっかくなので行ってみることに。

ロンドン橋って歌にもあるように有名じゃん!と思っていたら。
でも実際私が想像していたロンドン橋は「Tower Bridge(タワーブリッジ)」という名前でした。
知らなかった、、、ずっとこれが「ロンドン橋」だと思っていました。。。
(ちなみに「ロンドン橋」はありますが、普通の橋でした、、、これが落ちたのか、、、)
お天気だったから、写真写りもいいね!!

Tower of London
Tower of London posted by (C)kimmy

近代的な形をしたLondon County Hall(ロンドン市庁舎)。

County Hall
County Hall posted by (C)kimmy

全体の地図もありました。

Map
Map posted by (C)kimmy

1894年にできたヴィクトリア調様式の美しい繊細な造りです。
これのおかげでそれまで毎日50回以上上げなければいけなかった橋も今では週3回ほどになったそうです。

Tower of London
Tower of London posted by (C)kimmy

そして世界遺産でもあるTower of London(ロンドン塔)。
行ってみたいけど、拷問やら処刑やらされた怖い場所に行く気はあまりないので、、、遠くから眺めましたww
絶対怖いから!!ww

青に映える白
青に映える白 posted by (C)kimmy


そのまま歩いて行くとなんかいいネーミングの道がww

Boss St
Boss St posted by (C)kimmy

道に迷って、ちょっとgettoな所に迷い込んじゃって「これがリアルロンドンツアーだ!」とか言って歩いていました。
昼間でよかったーww

London here I come
London here I come posted by (C)kimmy


そんな感じで過ぎた木曜日。






JUGEMテーマ:旅行


イギリスってやっぱり発音がわからない地名が多いです。。
Borough Marketは日本のガイドブックでは英語発音で「バラマーケット」と表記されていますが、米語発音は「ボローマーケット」です。

そんなマーケットは新鮮な野菜やおいしい食べ物が沢山売っている市場!
行ってみると美味しそうな香りが漂ってきます。

こちらが案内図。
3つのパートに分かれているのですが、特に区別はされていないみたい。

P3240046P3240046 posted by (C)kimmy

線路の下に市場があって、真上を通る電車の音も聞こえます。
すごい活気があふれていて楽しい!!

P3240050P3240050 posted by (C)kimmy

とりあえず3つのパートを回ってみるのがおすすめ。
色々あるよー。

P3240080P3240080 posted by (C)kimmy

ケーキ屋さんに。

P3240053P3240053 posted by (C)kimmy

パン屋さんに。

P3240056P3240056 posted by (C)kimmy

牛乳や卵屋さんに。

P3240057P3240057 posted by (C)kimmy

色んな味付けのオリーブ屋さんに。

P3240063P3240063 posted by (C)kimmy

八百屋さんに。

P3240064P3240064 posted by (C)kimmy

絞り立てジュースも売っています。
一つ2ポンド。
美味しいです。

P3240070P3240070 posted by (C)kimmy

キノコも種類が豊富で椎茸とか舞茸も売ってました。
美味しそう。

P3240093P3240093 posted by (C)kimmy

P3240094P3240094 posted by (C)kimmy

お肉屋さんに魚屋さんもあります。
どれもこれも新鮮で本当に美味しそうです。

P3240073P3240073 posted by (C)kimmy

もちろんハーブを売ってる花屋さんもあります。
今は水仙が一押しの様子。

P3240075P3240075 posted by (C)kimmy

他にもインドスパイスやチーズ、手作りジャムや紅茶の葉なんかも売っているので見ているだけでも楽しいです♪


そうして一度回って堪能したらランチを探しに。
行列ができていたインドカレー屋さん。
そういえばイギリス人の一番好きな食べ物はフィッシュ&チップスではなく、インドカレーになったそうですww

P3240071P3240071 posted by (C)kimmy

アーケードの終わりにある、アヒルのコンフィサンドウィッチを知り合いは購入。
ちなみにコンフィはフランス料理でアヒルの脂肪でゆっくり料理された肉のことです。
フランス人が売ってました。

P3240081P3240081 posted by (C)kimmy

私はアーケードからちょっと出たところにあるApple Bee'sというシーフード屋さんのwrap(ピタパンみたいなので巻いたの)にすることに。
ココが一番美味しいとにらんでいたのさ。
ガーリック味のクルマエビか、ケージャン風魚とクルマエビの二択でケージャン風にすることに。
鉄板で色んな種類の魚とエビが踊ります。
美味しそう。。。

P3240086P3240086 posted by (C)kimmy

P3240083P3240083 posted by (C)kimmy

P3240088P3240088 posted by (C)kimmy

ちなみにケージャンCajunは「「アカディア人」を意味する「アケイディアン」("Acadian")の訛りで、フランスのアカディア植民地に居住していたフランス語系の人々のうち現在のルイジアナ州に移住した人々とその子孫」でチリペッパーや香辛料を沢山使用した料理が有名です(ジャンバラヤとか)。
参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/ケイジャン

だからピリ辛で美味しかったー!!
是非おすすめです。

P3240090P3240090 posted by (C)kimmy


後これもすっごい美味しそうだった。
でっかいチーズを上からグリルでとろっとろに溶かして、それをベークドポテトとかの上にすくって乗せて食べるの、、、
見ていて凄い美味しそうだった。

P3240091P3240091 posted by (C)kimmy

お菓子屋さんで本当に美味しいエッグタルトも売っていて、そこでもお菓子を買って帰りました→(多分お店の名前はComptior Gourmand。すっごいおいしそうなタルトとでかいメレンゲが売ってあるお店です)
生粋のフランス人の女の子がお店を開いていて、お金も普通にフランス語で数えたりしてちょっとパリとかにトリップした気分になったよww

他にもチャイとか、生パスタとかも売っていて美味しかったー!!
機会があったら是非美味しい物を食べに行ってみて下さい。
ロンドン橋のすぐ近くです。


Borough Market
Borough High Street
Borough
London
SE1 9DE

地下鉄London Bridgeから徒歩3分

毎週
木 11:00 AM - 5:00 PM
金 12:00 PM - 6:00 PM
土 9:00 AM - 4:00 PM(11時頃が一番混むそうです)





JUGEMテーマ:旅行


妹のフラットメイト(ハウスメイト)が大手TV会社 CNNのスポーツを担当していて。
会社に招待してくれたので行ってきました!

会社ロゴ!
いつもテレビで見てたやつだーとドキワク。

CNN Go Beyond Borders
CNN Go Beyond Borders posted by (C)kimmy

入り口はこんな感じ。

CNN 会社訪問
CNN 会社訪問 posted by (C)kimmy


広いデスクの前に積み上げられた資料やDVDやVHSが現場!って感じを醸し出していました。
ちょっと奥に行くと、ニュース担当の部署があってそこも行ったんだけど、やっぱり緊張感が漂っていてうかつに話せない感じ。
至る所に小型テレビがあって、ニュースを映し出していました。

他にも実際のスタジオを見せてもらいました。
テレビ上では奥行きもあって大きく見えるけど、実際はそれよりも小さかった。
よくニュースキャスターとかが乗っているテーブル?は移動式だったり、クレーン車のような長い首をしたカメラもありました。

コントロールルームではおびただしい数の小型テレビがいっぱい並んであって、現在放映されているCNNの色んなニュースが流れていて。
機械が沢山あるから熱気が凄かった。

そして実際のスポーツニュースを見せてもらった!
オンエア中。
写真撮ってもいいよ、って言われたけど真剣な現場で撮れる雰囲気ではなかった(^^;

オンエア中
オンエア中 posted by (C)kimmy

こちらが見たニュース。
外のモニターで映し出されていました。

スポーツニュース観覧
スポーツニュース観覧 posted by (C)kimmy

コントロールルームではディレクターの方がPCゲームするみたいにいろんなパネルを押して、カメラをキャスターに近寄らせたり、遠ざけたり、キューだししたりしてた。
プロンプ係もいて、キャスターが読む文章をコントロールルームでチェックしてた。
あと面白かったのがタイムラグ。
実際撮っている映像と、テレビで放映されるのに数秒のタイムラグがあるのが初めてわかった!
それから、電話インタビューの際に自分が映し出されていないからキャスターがペンまわしてたのも見えちゃった。
インタビューの返答とか音声はイヤホンからしか聞こえないから、実際のスタジオはシンとしている中行われていて面白かった。


今までちょっと気になっていたニュースの現場が見れて面白かったよ。
いい体験でした☆








ロンドン水族館では小さな展示も目立ちました。

逆さクラゲ。
なんかクラゲの森みたい。

upside down jellyfishupside down jellyfish posted by (C)kimmy

逆さクラゲ逆さクラゲ posted by (C)kimmy

それからイソギンチャクも魚眼レンズみたいになっていたり。

海の森海の森 posted by (C)kimmy

海の玉海の玉 posted by (C)kimmy

カサゴとじーっと見つめ合ったり。

にらめっこにらめっこ posted by (C)kimmy

カサゴカサゴ posted by (C)kimmy

「ファインディング ニモ」の影響でイギリス人、ヨーロッパ人、インド人にも「ニモ」と呼ばれるクマノミww

にも!にも! posted by (C)kimmy

たたずむ姿が気品のあるタツノオトシゴ。

上品なタツノオトシゴ上品なタツノオトシゴ posted by (C)kimmy


獰猛なピラニアもおとなしくしていたら可愛らしく見えたり。

ピラニアの群れピラニアの群れ posted by (C)kimmy

のんびりピラニアもほんとは怖い?のんびりピラニアもほんとは怖い? posted by (C)kimmy

ちょっとぼけたけど、ウツボもよく見れました。
かなり歯が鋭いんだな、なんて。

ウツボウツボ posted by (C)kimmy

長い長い posted by (C)kimmy


こんな感じで展示はリアルに作られていました。
ただ、照明が暗めだから小さいことか恐いかもなあ、なんて思ったり。

熱帯雨林の水熱帯雨林の水 posted by (C)kimmy

dramaticな演出dramaticな演出 posted by (C)kimmy

生活用水や廃棄物が流されていたテムズ川の再生のお影で、今は生き物が生きれる環境になったよ!とそこに住む生き物も展示。
サインはイギリスの地下鉄、Tubeです。

テムズ川の生き物テムズ川の生き物 posted by (C)kimmy

テムズ川の生き物が増えたテムズ川の生き物が増えた posted by (C)kimmy

ちなみに「足下の隙間に気をつけて」は "Mind the gap" になります。
なんともイギリス英語だ、、、米語ならきっと "Watch your step!" とかなんだろうなあ。

Mind the gap!Mind the gap! posted by (C)kimmy


そんな感じで海獣などはいないけど(5月からジェンツーペンギンがやってくるらしい!)、のんびり癒しの空間を与えてくれる水族館でした。


SEA LIFE London Aquarium (英語)
County Hall
Westminster Bridge Road
London
SE1 7PB
*地下鉄Waterloo駅、 Westminster駅、電車Waterloo駅よりロンドンアイ方向に歩くとその足下にあります。

大人 (16歳以上)

しばらく生き物に会ってないなーということで、ぎりぎりまで水族館と動物園で迷ったのですが水族館に行くことに。

日曜日訪れた地下鉄Waterloo駅で下車。
London Eye(ロンドンアイ)を目指して歩きます。

London EyeLondon Eye posted by (C)kimmy

目の前にはテムズ川と、世界遺産の国会議事堂とビッグベンが。
これを見るとなんだか「ピーターパン」が見たくなります。
ビッグベンから You can fly! な気分です。

The good old daysThe good old days posted by (C)kimmy

国会議事堂とビッグベン国会議事堂とビッグベン posted by (C)kimmy


ロンドンアイの真下にあるのがこちらLondon Aquarium(ロンドン水族館)。
ロンドンアイとのセット料金など色々あるので、色々回りたい方はそちらもどうぞ♪
ちなみにネットでチケットを買うと10%オフになります。

ロンドン水族館ロンドン水族館 posted by (C)kimmy

こちらが入り口です。
平日だからか、人がかなりまばらでした(歩いている人は多かったけど!

ロンドン水族館入り口ロンドン水族館入り口 posted by (C)kimmy


子供用にクイズも用意されていて、ちびっ子達の親が頑張って解いていましたww

子供用のクイズ子供用のクイズ posted by (C)kimmy

壁には色んな豆知識が書いてあり、クイズのヒントや答えも載っています。

クラゲ天国クラゲ天国 posted by (C)kimmy

ディズプレーは一つ一つ小さくて、でも子供も見やすいように低めに作られていました。
波を再現して、荒海に生きる生き物達とか。

荒波を生きる荒波を生きる posted by (C)kimmy

カラフルな着色されたようなイソギンチャクとか。

Purple forestPurple forest posted by (C)kimmy

各水槽にこんな感じの電子パネルがあって生き物の説明が書いてありますが、若干情報が少ない感じでした。
学習よりは見る感じかな。。。

informationinformation posted by (C)kimmy


エイや小型サメが泳ぐプールも。
全体的に照明が落としてあるので、カメラで写真が撮りずらかった。。。

エイのいるプールエイのいるプール posted by (C)kimmy

Saying helloSaying hello posted by (C)kimmy

でもガラス張りになっていて目の前にエイがやってくるので子供達は見入ってました。

ごっちんこごっちんこ posted by (C)kimmy

かくれんぼ中のもいますww

かくれんぼ中かくれんぼ中 posted by (C)kimmy

光が屈折してこんな風にも見えました。

一匹?二匹?一匹?二匹? posted by (C)kimmy

かには昆布を食べていました。

お食事中お食事中 posted by (C)kimmy


奥に行くと、大きな水槽が現れてサメや大きな魚がウヨウヨ。
かっこいいー!!

Underwater worldUnderwater world posted by (C)kimmy

under the seaunder the sea posted by (C)kimmy

水中トンネルを通っても見えるし、館内をぐるぐる回りながら色んな方向から見えるのでなかなか面白かったです。

what a wonderful worldwhat a wonderful world posted by (C)kimmy

here comes the shark!here comes the shark! posted by (C)kimmy

こっちにおいで?こっちにおいで? posted by (C)kimmy


ただ、平日2時半からサメの餌付けがあると書いてあったのでわくわくして待っていたら長い棒に死んだ魚がくっつけられて、それを水面の上で動かしてサメに食べさせる、と何とも言えない微妙な餌付けの仕方でがっかり。
てっきり水中で餌付けかと思ってたよ。。。
でも目の前でサメが通り過ぎるので、かなり迫力はあるしほれぼれします。
かっけー。

さめ接近中! posted by (C)kimmy


Part 2につづく。






JUGEMテーマ:旅行


さて、日曜日の夜は妹とそのフラットメイト(米語ではハウスメイト)たちと一緒にフリーランニング、というものを見に行きました。

大体フリーランニングってなんだよ?って感じだったのですが、フランス発祥の「パルクール(Parkour)」というもので「運動方法の一種で、人間の動作の基盤となるバランス・体力・忍耐力・正確さ・空間認識力・想像力を向上させるため、特別な器具を使用せず周囲にある環境を利用しながら「走る」「登る」「跳ぶ」などの動作を行うことで体を鍛える」ものだそうです。

参照:ウィキ http://ja.wikipedia.org/wiki/パルクール

そんなこんなで現場へGO。
地下鉄Waterloo駅から歩いていくとロンドンアイ!!

IMGP0796_2IMGP0796_2 posted by (C)kimmy

そのまま歩いて行くと発見。
どうやらRed Bull主催のFree Running大会らしいです。

IMGP0797IMGP0797 posted by (C)kimmy

IMGP0798IMGP0798 posted by (C)kimmy

時間が経つにつれ、続々と人が集まってきます。
無料だしね。

IMGP0804IMGP0804 posted by (C)kimmy

スタート予定の6時を30分過ぎて、6時半スタート。
妹とフラットメイトの力により、最前列をゲット。
ラッキー。

出場者は24人で、一人持ち時間60秒の間に自分の技を披露、その後12人にしぼられ、最後にはベスト3を選出するらしいです。
こんな感じで軽々と皆さん座ってますが、結構高い所から降りてきます。

IMGP0809IMGP0809 posted by (C)kimmy

個人的にカメラマンもかなりアクロバティックな感じで気になったww

IMGP0817IMGP0817 posted by (C)kimmy


そして始まりました!!
最前列だから、目の前ですっごい技が繰り広げられます。
すっごい高い所に設置された場所から技を魅せながら降りてきます。
凄い迫力。

Free running 4 posted by (C)kimmy

Free running 2 posted by (C)kimmy

途中休憩?で自転車のパフォーマンスと、なぜかバレエの対決が。。。
かなり、、、変だった。
皆ぽかんとしてたよ>バレエ。

Free running 3 posted by (C)kimmy

24人中3名は女性パフォーマー。
でもこういう肉体系?は男性のが映えるなあ(スミマセン。

そして最後にすっごいパフォーマンスが!!

Free running 7 posted by (C)kimmy


かなり危険なスポーツなので、顔から落ちたり、背中から落ちたりしてヒヤヒヤしたのと寒いので、24人見たら帰りました。
でも通常見ないものだったから面白かった。
この人は背中から落ちて、かなり心配でした、、、しっぽ可愛かったのに。

Free running 6 posted by (C)kimmy

帰りはイギリス名物フィッシュ&チップスを食べたよ。

IMGP0840IMGP0840 posted by (C)kimmy

IMGP0841IMGP0841 posted by (C)kimmy

しかし店員の姉ちゃんがすっげー酷い対応で、4人なのに水を2つしか出さない(しかも2回無視された)とゆー。。。
あまりの適当さにあきれて皆で絶句、無駄にお金払って損した気分。

帰りはバスでロンドン観光しつつ帰りました。
水中でも撮れるカメラなせいか、夜にはめっきり弱い子で微妙ですがッww

IMGP0846IMGP0846 posted by (C)kimmy

IMGP0847IMGP0847 posted by (C)kimmy


ちなみに日本ではパルクールは眼鏡市場のCMで使われていたり、Girl Next DoorのPVで使われていたりしました。
ガルネクのには今回の大会に出場した人たちも多くいました!!





JUGEMテーマ:旅行


日曜日はMarylebone Farmer's Market(メリルボーン ファーマーズ マーケット)に行ってきました。
(ガイドブックにはメリルボーンと書かれているのですが、実際にはマーレボーンという感じで発音します)

こちらは日曜日10−14時までなのですが13時頃行ったのでお店がちょっとちらほら。
でも美味しそうな手作りジュースとか。

手作り野菜ジュース
手作り野菜ジュース posted by (C)kimmy

手作りのパンとか。

手作りパン
手作りパン posted by (C)kimmy

農家の方が自分の手で育てた野菜とかありました。
かなり美味しそうにフレッシュな野菜で、ほうれん草とか泥付きでした。

農家の野菜
農家の野菜 posted by (C)kimmy

手作りのスープや、インド料理、キッシュやパイなども売っていて、色々買っちゃいました♪

手作りスープ
手作りスープ posted by (C)kimmy


Marylebone Farmer's Market
住所: Cramer Street Car Park, Just off Marylebone High Street W1
地下鉄Baker Street駅から徒歩15分
開催:日曜10−14時
URL: www.lfm.org.uk/mary.asp


☆おまけ☆

駅前の雑貨屋さんにこんなのが!!
自分の国の皇室をマスクにしてしまう英国クオリティー。
すげー。

英国皇室もマスクになる
英国皇室もマスクになる posted by (C)kimmy






JUGEMテーマ:旅行



PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

hawaiian dictionary

ハワイ語辞書"

My interest and favorites

名言集

presented by 地球の名言

ワンクリック募金

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【東京・明治神宮 結婚式】 挙式のみの神前式◆]尊Д屮薀ぅ瀬襯汽蹈
    kimmy
  • 【東京・明治神宮 結婚式】 挙式のみの神前式◆]尊Д屮薀ぅ瀬襯汽蹈
    yua
  • 岡山女子旅◆ 曾蒜顱Я夘瀏観地区の町屋
    kimmy
  • 岡山女子旅  船▲鵐僖鵐泪鹽甜屬帆夘漾三宅商店
    kimmy
  • 神楽坂★女子会ランチ 神楽坂 茶寮
    kimmy
  • 岡山女子旅◆ 曾蒜顱Я夘瀏観地区の町屋
    るか
  • 岡山女子旅  船▲鵐僖鵐泪鹽甜屬帆夘漾三宅商店
    るか
  • 神楽坂★女子会ランチ 神楽坂 茶寮
    るか
  • 八景島シーパラダイス2回目  船献鵐戰ぅ競瓩罰そ
    kimmy
  • 八景島シーパラダイス2回目 〜海獣・ハワイアンショー
    kimmy

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM