スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜ドブロブニクのレストランと空の景色

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行:
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  遡礁腑曠謄襦▲汽凜イ・ホテルのアフタヌーン・ティー
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行◆ 船ロアチア・ドブロブニクの宿
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクのレストランと街歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜ドブロブニク水族館とグラスボトムボート
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの城壁歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの朝ご飯、ランチ、ディナーのレストラン
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行А 狙こΠ篁坤疋屮蹈凜縫のお土産と夜
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行─ 船ロアチア伝統ショー・チリピ村
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜モンテネグロ・世界遺産コトル
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜モンテネグロの街
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜モンテネグロの街・スヴェディ・ステファン島とブドヴァ
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜天空から見る世界遺産ドブロブニク
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜世界遺産ドブロブニクの修道院と教会


残念ながら2012年に終わることができませんでしたが・・・最後のクロアチア日記をUPしたいと思います。

ドブロブニクには6日間ほど滞在したので、いろいろなレストランに行きました。
その中で一押しがこちら、Konoba Dundo Maroje(ドゥンドー・マロイェ)。
スポンザ宮殿そばの路地にありますが、本当に美味しい。
そしてリーズナブル。
特にランチセットはおススメですが、夕食も良心的なお値段で、本当に美味しいのでここは絶対にお勧めです!
ここ以外も行ったのですが、値段・味でここに勝るところはありませんでした。

こちらは夕食。
前菜もすごい美味しい。

P5071492
P5071492 posted by (C)kimmy

特にタコのカルパッチョはすごーい美味しかったです。

P5071494
P5071494 posted by (C)kimmy

メインはこんな感じ。一部ランチと重複もあります。

P5071497
P5071497 posted by (C)kimmy

P5071498
P5071498 posted by (C)kimmy

P5092010
P5092010 posted by (C)kimmy

伝統料理のチェヴァプチチは肉団子のようなもの。

P5071500
P5071500 posted by (C)kimmy

デザートもこんなボリュームがあり、おいしかったです!

P5071501
P5071501 posted by (C)kimmy

ここは本当におすすめです!!

レストラン ドゥンドマロイエ
Restaurant Dundo Maroje
Kovacka bb Dubrovnik
Tel.: +385(20)321-021
営業時間:12:00-23:00
休日:12-3月の日曜日


お次は旧港にあるシーフードレストラン、Konoba Lokanda Peskarija(ロカンダ・ペシュカリヤ)。
アドリア海が見ることができて、リゾート気分を味わうことができます。

P5061440
P5061440 posted by (C)kimmy

パンがついてきます。

P5061441
P5061441 posted by (C)kimmy

メインでシーフードリゾットとイカの炒め物を頼みましたが、こちらはもともと味付けがとても濃いです。
あと量が多いので・・・注意が必要です。

P5061442
P5061442 posted by (C)kimmy

ロジャータ(プリン)もまあまあ。

P5061443
P5061443 posted by (C)kimmy

味付けがかなりしっかりしているのと、お客さんが結構多いのでウェイターを捕まえるのに結構時間がかかりました。
ただ、港を見ながら食べれるので、ちょっといい感じかもしれません。

ロカンダ・ペシュカリヤ
Konoba Lokanda Peskarija
na Pointe bb
020-324750
営業時間:8:00-24:00
無休


最後はこちら、Caffe Bar Komarda。
旧市街の北側のプロチェ門を出てすぐの階段をさがったところにあります。
景色はすごくいいです。

P5081912
P5081912 posted by (C)kimmy

メニューはこんな感じ。

P5081914
P5081914 posted by (C)kimmy

P5081913
P5081913 posted by (C)kimmy

アドリア海の輝く太陽をしっかり吸収した美味しいトマトとチーズのサラダ。

P5081915
P5081915 posted by (C)kimmy

メインはこんな感じ。

P5081920
P5081920 posted by (C)kimmy

こちらのチェヴァプチチはポテトフライつき。

P5081921
P5081921 posted by (C)kimmy

景色が本当に美しくていいのですが・・・なんせ海風が強い!!
Tシャツで行くと昼間でもかなり冷たくなるので、スカーフや上着持参を強くお勧めします(私は冷えすぎて食べることを断念しました・・・)


Caffe Bar Komarda
LITHOS d.o.o. L. Rogovskog 7
020-311-292


最後の最後は飛行機からの景色。
美しいアドリア海を去り・・・

P5092011
P5092011 posted by (C)kimmy

(たぶん)アルプス越えをしているとき、別の飛行機を見かけました。
雲の上に飛行機雲!

P5092013
P5092013 posted by (C)kimmy

P5092014
P5092014 posted by (C)kimmy

そして楽しかった旅行も終了し、東京へ戻る時の景色がまた格別でした。
夕焼けの時刻だったのですが、こちらでも美しい景色を見ることができました。

P5112016
P5112016 posted by (C)kimmy

P5112018
P5112018 posted by (C)kimmy

P5112019
P5112019 posted by (C)kimmy

外を見ていたら、むこうから飛行機が飛んできた!

P5112026
P5112026 posted by (C)kimmy

P5112027
P5112027 posted by (C)kimmy

P5112029
P5112029 posted by (C)kimmy

P5112030
P5112030 posted by (C)kimmy

P5112032
P5112032 posted by (C)kimmy

太陽と雲で光の屈折ができて、虹色がたくさん輝いていました。
美しい・・・。

P5112034
P5112034 posted by (C)kimmy

P5112044
P5112044 posted by (C)kimmy

P5112045
P5112045 posted by (C)kimmy

夕日もきれいで、こんなアートも。

P5112050
P5112050 posted by (C)kimmy

本当に空を堪能できたフライトでした。

P5112051
P5112051 posted by (C)kimmy

P5112056
P5112056 posted by (C)kimmy

また、ANAの美味しい食事もよかったです!

P5112059
P5112059 posted by (C)kimmy

P5112061
P5112061 posted by (C)kimmy

P5112062
P5112062 posted by (C)kimmy

P5112063
P5112063 posted by (C)kimmy


充実した旅行で本当に良かったです!
また、クロアチア旅行ぜひ行ってみたいな、と思いました^^
最後まで見ていただき、ありがとうございます!

次は岡山旅行とすみだ水族館、八景島シーパラダイス2回目が待っています。
今年も日記頑張ります〜!!




JUGEMテーマ:写真


JUGEMテーマ:旅行


JUGEMテーマ:グルメ


| travel - europe | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜世界遺産ドブロブニクの修道院と教会

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行:
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  遡礁腑曠謄襦▲汽凜イ・ホテルのアフタヌーン・ティー
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行◆ 船ロアチア・ドブロブニクの宿
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクのレストランと街歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜ドブロブニク水族館とグラスボトムボート
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの城壁歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの朝ご飯、ランチ、ディナーのレストラン
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行А 狙こΠ篁坤疋屮蹈凜縫のお土産と夜
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行─ 船ロアチア伝統ショー・チリピ村
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜モンテネグロ・世界遺産コトル
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜モンテネグロの街
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜モンテネグロの街・スヴェディ・ステファン島とブドヴァ
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜天空から見る世界遺産ドブロブニク


天空から降りてきた後は、旧市街を散策。
ドブロブニクのの守護、聖ヴラボがここにもいました。

聖ヴラボ
聖ヴラボ posted by (C)kimmy

城壁の横を歩いてみたり。こうしてみると、城壁の高さがよくわかります。

城壁をゆく
城壁をゆく posted by (C)kimmy


そして旧市街の中でも一番好きなフランシスコ会修道院へ。
チケットはこんな感じ。

チケット
チケット posted by (C)kimmy

静寂な空気が本当に心穏やかにしてくれるので気に入っています。

差し込む光
差し込む光 posted by (C)kimmy

赤
posted by (C)kimmy

修道院の庭
修道院の庭 posted by (C)kimmy

そして今回は病める人々を癒す修道女の姿を修復していた現場を見ました。
慎重に丁寧に修復しているのを見て、すごく感動。

宗教画
宗教画 posted by (C)kimmy

修復作業
修復作業 posted by (C)kimmy

そしてそして!前回お休みで閉まっていた為に行けなかった1391年創業のヨーロッパで3番目に古い薬局、マラ・ブラーチャ薬局がやっていました!!

マラ・ブラーチャ薬局
マラ・ブラーチャ薬局 posted by (C)kimmy

マラ・ブラーチャ薬局
マラ・ブラーチャ薬局 posted by (C)kimmy

お土産もしっかり買いましたよ〜♪
ここの薬局オリジナルコスメは修道女達が薬草を独自にブレンドし作り上げたスキンケア製品で、今世紀に入り一般に解禁されたのですがレシピは未だ門外不出!
という、とっても効果がありそうなハンドクリーム。使うのが楽しみです♪

マラ・ブラーチャ薬局の袋
マラ・ブラーチャ薬局の袋 posted by (C)kimmy

薬局オリジナルコスメ
薬局オリジナルコスメ posted by (C)kimmy

保湿クリーム
保湿クリーム posted by (C)kimmy

静粛な空間を堪能しました。
本当におすすめの場所です。

シャンデリア
シャンデリア posted by (C)kimmy

フランシスコ会修道院
フランシスコ会修道院 posted by (C)kimmy

フランシスコ会修道院
9:00〜18:00(無休)
大人30kn、学生15kn


次に向かったのが2番目に好きな場所、聖イグナチオ教会。
と、その前に寄り道。
旧市街はそこらじゅうがフォトジェニック。
素敵な景色が広がっていて、通るたびに新しい発見があるから楽しい。

軌跡
軌跡 posted by (C)kimmy

喜び
喜び posted by (C)kimmy

洗濯物
洗濯物 posted by (C)kimmy

飛行機雲
飛行機雲 posted by (C)kimmy

正門
正門 posted by (C)kimmy

いつも見守っている
いつも見守っている posted by (C)kimmy

たどり着いた聖イグナチオ教会。
旧市街の奥にあるからか、あまり人がいないのでゆったりしているから好きです。

天使
天使 posted by (C)kimmy

聖イグナチオ教会
聖イグナチオ教会 posted by (C)kimmy

祈り
祈り posted by (C)kimmy


ちょっと疲れたので一休みは行きたかったGradska Kavana(グラツカ・カヴァナ)へ。
市庁舎の1階を利用したカフェで、カフェ内はとっても雰囲気があって素敵です。

グラツカ・カヴァナ
グラツカ・カヴァナ posted by (C)kimmy

でも今回は日差しを堪能したかったのでテラスで。
飲みたかったウィンナーコーヒー(生クリーム入り、kava saslagom)を堪能。
でも甘すぎてちょっとびっくりした。

ウィンナーコーヒー
ウィンナーコーヒー posted by (C)kimmy

そして有名なマカロニタルト。
なんとたっぷりのマカロニとナッツやチョコクリームをパイ生地で包んで焼いたケーキだそうが・・・結果、マカロニとケーキは別々で食べたほうが美味しいと思いましたww

マカロニタルト
マカロニタルト posted by (C)kimmy


Gradska Kavana
住所:Gorica Sv. Vlaha 77, Dubrovnik 20000, Croatia
電話番号:+385 038520324747


次はいよいよクロアチア旅行最後です。

JUGEMテーマ:旅行


JUGEMテーマ:グルメ


| travel - europe | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜天空から見る世界遺産ドブロブニク

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行:
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  遡礁腑曠謄襦▲汽凜イ・ホテルのアフタヌーン・ティー
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行◆ 船ロアチア・ドブロブニクの宿
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクのレストランと街歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜ドブロブニク水族館とグラスボトムボート
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの城壁歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの朝ご飯、ランチ、ディナーのレストラン
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行А 狙こΠ篁坤疋屮蹈凜縫のお土産と夜
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行─ 船ロアチア伝統ショー・チリピ村
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜モンテネグロ・世界遺産コトル
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜モンテネグロの街
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜モンテネグロの街・スヴェディ・ステファン島とブドヴァ

マイ・フェア・レディなどで有名な英国の劇作家、バーナード・ショーをして「ドブロブニクを見ずして、天国を語る無かれ」といわしめているドブロブニクを天空から眺めるべく、ケーブルカーに乗り込みました。

チケットはこんな感じ。あ、去年とデザインが変わった!しかも値上げされてるww

ロープウェイチケット
ロープウェイチケット posted by (C)kimmy

これを機械に通します。

ピッ
ピッ posted by (C)kimmy

OK!
OK! posted by (C)kimmy


わくわくして上ったのですが・・・午前中は晴れていたのにだんだん霧が発生!!
スルジ山を上がれば上がるほど、アドリア海の真珠は白いヴェールに隠れていきます。

ロープウェイ
ロープウェイ posted by (C)kimmy

霧で見えない!
霧で見えない! posted by (C)kimmy

頂上について、なんとかかろうじて見れたけど…残念すぎる。

真っ白な真珠
真っ白な真珠 posted by (C)kimmy

恥ずかしがり屋
恥ずかしがり屋 posted by (C)kimmy

ナポレオンが送ったという大きな十字架もなんだか切ない感じ。
この日は全然見えませんでした。。。

祈
posted by (C)kimmy


でもせっかくなので、再チャレンジ!!
ロープウェイに乗り込んで、晴天の元いざ出発!!

blue!
blue! posted by (C)kimmy

この日もなかなか混んでいました。

ロープウェイ内
ロープウェイ内 posted by (C)kimmy


そして無事頂上に到着〜!

頂上
頂上 posted by (C)kimmy

十字架も青空の下輝いています。

祈りを込めて
祈りを込めて posted by (C)kimmy

もちろん、ドブロブニクの旧市街も!
やっぱり上から見る旧市街は本当に美しい。
この景色を見ると、あぁヨーロッパに来たんだな、アドリア海なんだな、と感慨深い気持ちになります。

アドリア海の真珠
アドリア海の真珠 posted by (C)kimmy

ポルコも見た景色
ポルコも見た景色 posted by (C)kimmy

本当におもちゃ箱みたいな世界が広がっています。
かわいすぎる。

港
posted by (C)kimmy

旧市街
旧市街 posted by (C)kimmy

駐車場
駐車場 posted by (C)kimmy

城壁
城壁 posted by (C)kimmy


せっかくなので、パノラマビューを楽しめる、展望台にあるカフェでお茶することに。
白いパラソルの下がカフェエリアになっています。

カフェ
カフェ posted by (C)kimmy

メニューはちょっと高めの設定。

カフェ・パノラマ
カフェ・パノラマ posted by (C)kimmy

メニュー
メニュー posted by (C)kimmy

カプチーノにしてみました。

カプチーノ
カプチーノ posted by (C)kimmy

まさに天空のカフェ。
メニューと同じ風景が眼下に広がっていて本当に美しかったのですが・・・この日は風が強くてかなーり寒かったです。
日差しは暑いのですが、風が冷たいので要注意。

天空のカフェ
天空のカフェ posted by (C)kimmy


また、ここは1991年12月6日にかつての仲間だったセルビア人のユーゴスラビア連合軍がドブロブニク旧市街に向けて発砲した場所。
その内戦当時のままのがれきが残っていましたので、こちらもぜひ見てほしいです。
もうこんなことがない世の中になってほしいものです・・・。

戦争の爪痕
戦争の爪痕 posted by (C)kimmy

朽ちてゆく
朽ちてゆく posted by (C)kimmy

砲弾跡
砲弾跡 posted by (C)kimmy

ドブロブニク・ケーブルカー(英語・クロアチア語)

営業時間:シーズンによって異なる。
January 9am to 4pm   May 9am to 8pm September 9am to 8pm
February 9am to 5pm  June 9am to 12am October 9am to 8pm
March 9am to 5pm   July 9am to 12am November 9am to 5pm
April 9am to 8pm    August 9am to 12am December 9am to 4pm

料金:大人片道50kn、往復87kn 子供(4−12歳)片道25kn、往復40kn

*他にはタクシーや凄い急斜面をハイキングしてもスルジ山の頂上に来れます。



JUGEMテーマ:旅行


| travel - europe | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜モンテネグロの街・スヴェディ・ステファン島とブドヴァ

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行:
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  遡礁腑曠謄襦▲汽凜イ・ホテルのアフタヌーン・ティー
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行◆ 船ロアチア・ドブロブニクの宿
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクのレストランと街歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜ドブロブニク水族館とグラスボトムボート
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの城壁歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの朝ご飯、ランチ、ディナーのレストラン
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行А 狙こΠ篁坤疋屮蹈凜縫のお土産と夜
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行─ 船ロアチア伝統ショー・チリピ村
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜モンテネグロ・世界遺産コトル
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜モンテネグロの街


コトルからしばらく走ると、世界各国の著名人が宿泊するという有名ホテル、Sveti Stefan island, スヴェディ・ステファン島が見えてきました。
ブドヴァという町から約5km離れていて、1950年代に最後の村民が立ち退いた後、高級リゾートの島として有名になっていったそうです。

スヴェディ・ステファン島
スヴェディ・ステファン島 posted by (C)kimmy

確かにおしゃれな感じ。

高級リゾートアイランド
高級リゾートアイランド posted by (C)kimmy


そしてそのあとはランチのため、港町へ。

うぇるかむ
うぇるかむ posted by (C)kimmy

ガイドさんおススメというお店にとりあえず入ってみて、ご飯を食べてみました。
モンテネグロ産の水。

モンテネグロの水
モンテネグロの水 posted by (C)kimmy

パスタに

パスタ
パスタ posted by (C)kimmy

カツレツ。

カツレツ
カツレツ posted by (C)kimmy

そのあとはちょっと港を散策。

カラフル
カラフル posted by (C)kimmy

港町
港町 posted by (C)kimmy


そのあと観光地としても有名なアドリア海に面している町、Budua、ブドヴァへ。
考古学的証拠から、ブドヴァの地にはアドリア海沿岸最古の定住地があったと見られ、多くが歴史的な証拠から紀元前5世紀に遡る街だそうです。

入口はこんな感じ。

城壁
城壁 posted by (C)kimmy

ヴェネツィア共和国に400年ほど支配されていたこともあり、建造物の大半がヴェネツィアのローマ様式となっているそうです。
すごくかわいい、歴史を感じる街並み。

小道を抜けて
小道を抜けて posted by (C)kimmy

急ぎ足
急ぎ足 posted by (C)kimmy

デザイン
デザイン posted by (C)kimmy

オペラ座
オペラ座 posted by (C)kimmy

陸に上がった魚
陸に上がった魚 posted by (C)kimmy

マンホールも発見。

マンホール
マンホール posted by (C)kimmy

アドリア海を臨む近くに・・・

海
posted by (C)kimmy

教会などがありました。

晴天
晴天 posted by (C)kimmy

まっすぐと
まっすぐと posted by (C)kimmy

教会
教会 posted by (C)kimmy


ツアーもとうとう終盤。
コトル湾を今度はフェリーで戻ります。

コトル湾
コトル湾 posted by (C)kimmy

料金場
料金場 posted by (C)kimmy

船に乗り込む
船に乗り込む posted by (C)kimmy

本当に北欧のノルウェーとかデンマークみたいな景色。
すごく不思議な感覚ですが、とてもきれいです。

フィヨルド
フィヨルド posted by (C)kimmy

ゆっくり進む
ゆっくり進む posted by (C)kimmy

蒼の世界
蒼の世界 posted by (C)kimmy

行きに見えた聖母島も見えました。

聖母島
聖母島 posted by (C)kimmy


そして無事コトル湾を渡ることができて、あとはひたすらバスは走り、クロアチアの国境へ。
2013年にEUに加盟するということもあって、モンテネグロに入国する時より入国にしっかり時間を取って検査?していました。

向こう岸へ
向こう岸へ posted by (C)kimmy

森
posted by (C)kimmy

ついにドニロブニクに帰ってきました!
まるで歓迎してくれているかのような、きれいな空と海が迎えてくれました。

天使の梯子
天使の梯子 posted by (C)kimmy

モンテネグロ一日ツアーは世界遺産のコトルにも行けて、満足でした。
ただ、ポストカードにあるように、ドブロブニクとかなり似ている街並みだったのが面白いな、と思いました。

世界遺産の思い出
世界遺産の思い出 posted by (C)kimmy


次は天空に向かいます!






JUGEMテーマ:旅行


JUGEMテーマ:グルメ


| travel - europe | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜モンテネグロの街

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行:
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  遡礁腑曠謄襦▲汽凜イ・ホテルのアフタヌーン・ティー
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行◆ 船ロアチア・ドブロブニクの宿
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクのレストランと街歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜ドブロブニク水族館とグラスボトムボート
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの城壁歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの朝ご飯、ランチ、ディナーのレストラン
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行А 狙こΠ篁坤疋屮蹈凜縫のお土産と夜
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行─ 船ロアチア伝統ショー・チリピ村
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜モンテネグロ・世界遺産コトル


コトルからしばらく走ると、世界各国の著名人が宿泊するという有名ホテル、Sveti Stefan island, スヴェディ・ステファン島が見えてきました。
ブドヴァという町から約5km離れていて、1950年代に最後の村民が立ち退いた後、高級リゾートの島として有名になっていったそうです。

スヴェディ・ステファン島
スヴェディ・ステファン島 posted by (C)kimmy

確かにおしゃれな感じ。

高級リゾートアイランド
高級リゾートアイランド posted by (C)kimmy


そしてそのあとはランチのため、港町へ。

うぇるかむ
うぇるかむ posted by (C)kimmy

ガイドさんおススメというお店にとりあえず入ってみて、ご飯を食べてみました。
モンテネグロ産の水。

モンテネグロの水
モンテネグロの水 posted by (C)kimmy

パスタに

パスタ
パスタ posted by (C)kimmy

カツレツ。

カツレツ
カツレツ posted by (C)kimmy

そのあとはちょっと港を散策。

からふる
からふる posted by (C)kimmy

港町
港町 posted by (C)kimmy


そのあと観光地としても有名なあどりあかいに
| travel - europe | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行 〜モンテネグロ・世界遺産コトル

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行:
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  遡礁腑曠謄襦▲汽凜イ・ホテルのアフタヌーン・ティー
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行◆ 船ロアチア・ドブロブニクの宿
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクのレストランと街歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜ドブロブニク水族館とグラスボトムボート
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの城壁歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの朝ご飯、ランチ、ディナーのレストラン
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行А 狙こΠ篁坤疋屮蹈凜縫のお土産と夜
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行─ 船ロアチア伝統ショー・チリピ村

せっかくドブロブニクにいるので、世界遺産があるモンテネグロまで行ってみることにしました!
2006年に独立した、ヨーロッパ最南端のフィヨルドを持つ、黒い山=モンテネグロに出発。

レンタカーは大変なので、ツアーバスを予約。
クロアチアで驚いたのがクロアチア人は思っていたよりかなりオンタイム!
5分前集合したのに、バスがすでに待っていて、なんだか遅刻した気分になりましたww

バスのシートはかなりふかふか。

観光バス
観光バス posted by (C)kimmy

ドブロブニクからバスで南下します。
もちろん国境を超えるので、パスポートが必要です。
国境を無事超えたら休憩。

ガススタ
ガススタ posted by (C)kimmy

ここのしぼりたてオレンジジュースは美味しかったです。
ちなみにモンテネグロはEUに加盟していませんが、ユーロを使用しています!

フレッシュオレンジジュース@ガススタ
フレッシュオレンジジュース@ガススタ posted by (C)kimmy


駐車場からの景色。
なんかアドリア海の近くなので木々がもっと明るい緑かと思ったら、深い色合いでちょっと不思議な感じ。

いざモンテネグロへ!
いざモンテネグロへ! posted by (C)kimmy

緑の景色
緑の景色 posted by (C)kimmy

ひとりぼっち
ひとりぼっち posted by (C)kimmy

さらに走ります。
スーパー発見。

スーパー
スーパー posted by (C)kimmy

養殖しているのかな?

養殖場
養殖場 posted by (C)kimmy


そして世界遺産のKotor、コトルのコトル湾に到着。

ようこそ世界遺産へ!
ようこそ世界遺産へ! posted by (C)kimmy

世界遺産の街、コトル
世界遺産の街、コトル posted by (C)kimmy


ヨーロッパ最南端のフィヨルド、ということですが、激しく同意。
ほんと北欧に来た気分になります。

ヨーロッパ最南部のフィヨルド
ヨーロッパ最南部のフィヨルド posted by (C)kimmy

御伽話の世界
御伽話の世界 posted by (C)kimmy

コトル湾
コトル湾 posted by (C)kimmy

美しい岩礁の聖母島(岩礁にマリアのイコン発見され、それをを納める教会を建てた人工島)もぽつんと湾の中にあります。

Our Lady of the Rocks island
Our Lady of the Rocks island posted by (C)kimmy


ドブロブニクから約2時間後、アドリア海から続く入り組んだコトル湾の最奥部にある街、世界遺産のコトルに無事到着。
前方を海、背後には大きな黒い山、左右には城壁に囲まれた堅固な城塞都市。

コトルの城壁
コトルの城壁 posted by (C)kimmy

1800mもある山の存在感は圧倒的です。

黒い山=モンテネグロ
黒い山=モンテネグロ posted by (C)kimmy

城壁も上まで続いていて…ちょっと万里の長城のようです。

万里の長城のよう
万里の長城のよう posted by (C)kimmy

山の上には教会もあります。

教会
教会 posted by (C)kimmy

城壁の周りは日本と変わらない、癒しの景色。

ちょっと一休み
ちょっと一休み posted by (C)kimmy

だいぶ緑なのも、フィヨルド感を醸し出している気がします。

緑
posted by (C)kimmy

城壁前のヤシの木を横目に、ガイドさんを待ちます。

城壁前
城壁前 posted by (C)kimmy

なぜかパトカーも。

パトカー
パトカー posted by (C)kimmy


まず最初に正門から旧市街に入ると、武器の広場に出ます。
ルネサンス様式の時計台の下には、大地震で落下した四角円錐が。

武器の広場
武器の広場 posted by (C)kimmy

同じときを刻む
同じときを刻む posted by (C)kimmy

四角円錐
四角円錐 posted by (C)kimmy

聖トリフォン大聖堂(Cathedral of Saint Tryphon)。
1166年に創建されたロマネスク様式の大聖堂。
コトルの守護聖人、聖トリフォンを祀るカトリック教会でコトルで最も重要な宗教的建造物。
二つの鐘楼は1667年の地震で再建を断念して、一つは未完成のままです。

聖トリフォン大聖堂
聖トリフォン大聖堂 posted by (C)kimmy

時計台
時計台 posted by (C)kimmy

こちらは聖ニコラス教会(Serbian orthodox church of St Nicolas)。
セルビア正教で1909年建設で、1540年に建てられたドミニカ会修道院があった場所に建てられたそうです。

P5071625
P5071625 posted by (C)kimmy

こちらは聖ルカ教会(Church of St. Luke)。
聖ニコラ広場に立つ小さいほうで、1195年にカトリック教会として建てられたが、のちに正教会に寄付されたそうです。

聖ルカ教会
聖ルカ教会 posted by (C)kimmy

鐘が鳴る
鐘が鳴る posted by (C)kimmy

せっかくなので、内部も見てきました(入場料は寄付制ですが、無言のプレッシャーで寄付せざる感じです)。
凛とした空気がきれいでした。

聖ルカ教会教会内
聖ルカ教会教会内 posted by (C)kimmy

シャンデリア
シャンデリア posted by (C)kimmy

刺繍
刺繍 posted by (C)kimmy

マリア様
マリア様 posted by (C)kimmy


ツアーの関係で1時間ほどの滞在時間しかなかったため、ざっくりと旧市街を散策。
いろいろなものが、可愛らしくてフォトジェニック。

angels
angels posted by (C)kimmy

flower
flower posted by (C)kimmy

P5071621
P5071621 posted by (C)kimmy

バルコニー
バルコニー posted by (C)kimmy

窓枠
窓枠 posted by (C)kimmy

花のある町
花のある町 posted by (C)kimmy

お店
お店 posted by (C)kimmy

こどもたち
こどもたち posted by (C)kimmy

石畳まで可愛い格子柄。

石畳
石畳 posted by (C)kimmy

ここ数年気にしているマンホール。
世界各国、街によって違うから楽しい。

マンホール
マンホール posted by (C)kimmy

コトルの街のパンフレット。
本当は城壁も昇りたかったのだけど、時間がなくて断念。
たぶんたくさん観光客が来るから、ツアーの場合は時間制限がかかっているのだろうと推測。
上から見ると見事な三角らしいので、見てみたかったです。

コトルのパンフ
コトルのパンフ posted by (C)kimmy

コトルのパンフ
コトルのパンフ posted by (C)kimmy


引き続き、ツアーは続きます!



JUGEMテーマ:旅行


| travel - europe | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行─ 船ロアチア伝統ショー・チリピ村

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行:
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  遡礁腑曠謄襦▲汽凜イ・ホテルのアフタヌーン・ティー
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行◆ 船ロアチア・ドブロブニクの宿
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクのレストランと街歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜ドブロブニク水族館とグラスボトムボート
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの城壁歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの朝ご飯、ランチ、ディナーのレストラン
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行А 狙こΠ篁坤疋屮蹈凜縫のお土産と夜


日曜日限定で、Chilipi、チリピ村で伝統舞踊が行われるというのでツアーに参戦。
朝のプラツァ通りはこの通り、人があまりいません。
のびのび。

朝のプラツァ通り
朝のプラツァ通り posted by (C)kimmy

旧市街の外から観光バスに乗ってチリピ村へ。
と、その前にいくつかホテルなどに途中停車してお客さんを拾っていきます。

リゾート
リゾート posted by (C)kimmy

山間
山間 posted by (C)kimmy

this way
this way posted by (C)kimmy

1時間ほどで無事チリピに到着。
ガイドさんからまず、ウェルカムドリンクの場所へ案内されました。

this way!
this way! posted by (C)kimmy

入口には民族衣装を着た演奏者たちがお出迎え。

クロアチアの伝統衣装
クロアチアの伝統衣装 posted by (C)kimmy

ウェルカムドリンクはお酒です。

ウェルカムドリンク
ウェルカムドリンク posted by (C)kimmy

酒樽
酒樽 posted by (C)kimmy


ショーが始まるまで自由時間だと告げられ、村(といっても特に何もない)を散策。

チリピ村
チリピ村 posted by (C)kimmy

教会があって。

村唯一の教会
村唯一の教会 posted by (C)kimmy

目の前にはステージがあります。


また、その横には民族博物館があります。

入口
入口 posted by (C)kimmy

博物館
博物館 posted by (C)kimmy

中に入ると伝統衣装の展示がありました。
とても美しい刺繍が施してあります。

男子伝統衣装
男子伝統衣装 posted by (C)kimmy

刺繍
刺繍 posted by (C)kimmy

女子伝統衣装
女子伝統衣装 posted by (C)kimmy

中央には機織り機も。

機織り機
機織り機 posted by (C)kimmy

奥や二階にはチリピの歴史や、そのほか使用されていたさまざまな工具などがありました。


また、村のあちこちにはお土産もたくさん売っていました。
その一つが青空にはためていた伝統刺繍が施されているテーブルクロスなど。
タコや猫の足跡、など面白い模様が描かれています。

レース
レース posted by (C)kimmy

真っ白
真っ白 posted by (C)kimmy

ちょっとはずれに行ってみると、こんなにのどかです。

landscape
landscape posted by (C)kimmy


さて、そろそろ始まるということで戻ってみました。
司会のお姉さんはなんと4か国語(クロアチア語、英語、フランづ語、ドイツ語)で説明していました!
音楽隊も準備万端。軽快な音楽が響きます。

音楽隊
音楽隊 posted by (C)kimmy

それに合わせて踊る人たち。赤い靴が可愛い。

フォークダンス
フォークダンス posted by (C)kimmy

赤い靴
赤い靴 posted by (C)kimmy

これは一人あぶれた男性が曲の途中で踊っているペアから女性を奪い取ってパートナーにするというものらしく。。。
おじさんが虎視眈々と狙っています。

たくらみ
たくらみ posted by (C)kimmy

そして奪い取ったー!そうするとあぶれた男性が違うペアの女性を盗みにwwいき、ペアがどんどん変わっていくそうです。

ダンス
ダンス posted by (C)kimmy


次は結婚式の再現。
新郎新婦役の入場。

結婚式
結婚式 posted by (C)kimmy

お祝いの踊りということで、明るいチューンが続きます。

お祝いの踊り
お祝いの踊り posted by (C)kimmy

心こめて
心こめて posted by (C)kimmy

男性のみが踊ったり。

メンズ
メンズ posted by (C)kimmy

女性のみが踊ったり。

レディース
レディース posted by (C)kimmy

さまざまな変化を付けて楽しい踊りを披露してくださいました。
最後に「皆さんも一緒に踊りましょう」ということで、ワルツを踊りだしたらさすがヨーロッパ。
おじいさんおばあさんがどんどんワルツを踊りにダンスフロアに出てきて、ダンスパーティーになっていましたww

そんなチリピ滞在時間も2時間ほどであっという間に終了。
さっさと駆け足で帰りました。

チケット。

チケット
チケット posted by (C)kimmy

パンフレット。

チリピ村伝統ショー
チリピ村伝統ショー posted by (C)kimmy


帰り道にドブロブニクの城壁が見えてきて、やっぱり美しいなぁ、と改めて思いました^^
まさに海に浮かぶ真珠です。

海に浮かぶ遺産
海に浮かぶ遺産 posted by (C)kimmy


次はモンテネグロに日帰りツアー!




JUGEMテーマ:旅行


| travel - europe | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行А 狙こΠ篁坤疋屮蹈凜縫のお土産と夜

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行:
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  遡礁腑曠謄襦▲汽凜イ・ホテルのアフタヌーン・ティー
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行◆ 船ロアチア・ドブロブニクの宿
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクのレストランと街歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜ドブロブニク水族館とグラスボトムボート
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの城壁歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの朝ご飯、ランチ、ディナーのレストラン

ドブロブニクのおススメのお土産屋さんはこちら。

Medusa

Medusa
Medusa posted by (C)kimmy

女子好みの可愛い雑貨など多数あって、店内もお洒落です。
写真を撮っていいか聞いたところ、快くOKしてくれました^^

店内1
店内1 posted by (C)kimmy

店内2
店内2 posted by (C)kimmy

アロマ系もたくさんあって目移りしてしまいましたが、今回はこちらのとってもいい香りのする石鹸を購入しました。
1個 18kn
ラッピングがまたキャンディーみたいでおしゃれ♪
可愛いし、とてもいい香りがするのでお勧めです。

女子好み
女子好み posted by (C)kimmy

あとこちらのオリーブオイル石鹸も購入。
効能の説明書付きで1個 39kn

効能
効能 posted by (C)kimmy

オリジナル石鹸
オリジナル石鹸 posted by (C)kimmy

いただいたお店のパンフはこんな感じ☆

パンフ
パンフ posted by (C)kimmy

手作りのインテリアや国内各地の名産品が揃い、とってもおしゃれで可愛いお土産がたくさんそろってい手、見ているだけでもとっても楽しかったです。

Medusa
住所:Prijeko 18
Tel:020-322004
営業時間:夏季 9:00-22:00(日曜日-16:00) 冬季10:00-16:00
休業日:祝日


また、昼間とはうって変わってフォトジェニックなドブロブニクの夜もおススメです!
聖ヴラボ教会もライトアップして、さらに素敵に☆

聖ヴラボ教会
聖ヴラボ教会 posted by (C)kimmy

聖ヴラボ
聖ヴラボ posted by (C)kimmy

群青色に染まっている空が、本当に美しくてため息が出ます。
プラツァ通りも、この通り。

世界遺産の道
世界遺産の道 posted by (C)kimmy

通りに面しているお店は遅いときは11時まで営業しているのも便利です。

お店
お店 posted by (C)kimmy

上から見た時計台もだんだん暗闇に染まっていきます。

時計台
時計台 posted by (C)kimmy

小道にも街灯が点いて美しい景色に。

the secret street
the secret street posted by (C)kimmy

黄昏時のドブロブニクが実は一番美しいのではないかな、と思います。

黄昏時
黄昏時 posted by (C)kimmy

明日もいい天気になりますように。


次は伝統に触れます♪



JUGEMテーマ:旅行


| travel - europe | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの朝ご飯、ランチ、ディナーのレストラン

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行:
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  遡礁腑曠謄襦▲汽凜イ・ホテルのアフタヌーン・ティー
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行◆ 船ロアチア・ドブロブニクの宿
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクのレストランと街歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜ドブロブニク水族館とグラスボトムボート
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの城壁歩き

さて、5日間滞在したクロアチアのドブロブニクではいろいろなところで食べ歩いてみました。

まずはこちら。

Moskar

朝ご飯
朝ご飯 posted by (C)kimmy

朝ご飯メニューはこんな感じ。
ちょっと高い・・・?

メニュー
メニュー posted by (C)kimmy

朝日が建物の合間から差し込んできますが、それも気持ち良かったり。

日差しを浴びて
日差しを浴びて posted by (C)kimmy

こちらはOpen omelette as you wishのオムレツ、49kn。
いたって普通。結構薄めであっさりしています。

オムレツ
オムレツ posted by (C)kimmy

Dalmatian breakfast、ダルメシア風朝ご飯はサラダがどん!と出てきました。
生ハムも乗っていて、これが一番おいしかった、49kn。

ダルメシアン・サラダ
ダルメシアン・サラダ posted by (C)kimmy

一番びっくりしたのがContinental breakfastのトーストとジャムたち、39kn。
温まってもいない、冷たいパンが出てきただけで・・・全然楽しめませんでした。

トーストとオレンジジュースと
トーストとオレンジジュースと posted by (C)kimmy

トーストのお供
トーストのお供 posted by (C)kimmy


朝9時前に行ったのですが、やる気がなかったのかサービスも微妙だし、朝ご飯の割には高いし、で次の日からはオレンジやパン、トマト、チーズ等をスーパーで買って食べました。
微妙だった〜。。。


ランチは城壁外からすぐのこちら、Klarisa。

メニュー
メニュー posted by (C)kimmy

結構雰囲気もよく、大家族連れが多数いました。

ランチ
ランチ posted by (C)kimmy

こちらではマグロのステーキを。
なんか・・・いまいちだった。

マグロのステーキ
マグロのステーキ posted by (C)kimmy

あと、タコのサラダ。これは美味しかった。

サラダ
サラダ posted by (C)kimmy

値段は雰囲気代もあるのか、ちょっと高め。
Dundo Marojeのほうがずっといいね、ということで全員一致しました。
ここは店員さんがみんな似たような感じだったので、呼ぶときに苦労したのが印象的でしたww


最後はディナーはこちら、Aquarius。
結構奥のほうにあるので、見つけにくいお店です。

タツノオトシゴ
タツノオトシゴ posted by (C)kimmy

メニュー
メニュー posted by (C)kimmy

城壁のすぐ真下にありますが、木が茂っていて、雰囲気はとてもいい感じ。

hikari
hikari posted by (C)kimmy

ちょっとしたテーブルセットだったりもお洒落な感じなので、ディナーにぴったりです。

ornaments
ornaments posted by (C)kimmy

olive oil
olive oil posted by (C)kimmy

また、メニューも豊富なのでちょっと飽きちゃったな・・・という時に使えます。
サラダも美味しかった。というか、地中海は野菜が新鮮で本当に美味しい!!
ダルメシア産のベーコンが本当にい味を出していました。
また、ここのオリーブオイルがすっごーい美味しかった。

サラダ
サラダ posted by (C)kimmy

パスタもおいしかったです。

パスタ
パスタ posted by (C)kimmy

アクアリウスに来たのは、妹が食べたがっていたPopara,ポパラ(白身魚とジャガイモの煮込み)を食べれるお店がここしかなかったからです。
無事ポパラを食べれたのですが、白身のお魚とジャガイモの味が絶妙で喜んでいました。
ここらへんは本当にジャガイモが美味しいです・・・!!

ポパラ
ポパラ posted by (C)kimmy


最後にデザートはいかが?ということでクレープを嬉々として注文したのですが。
こんな感じでした(^^;
やはり日本みたいなあま〜いスイーツ感覚ではないんだな、と思いました。

クレープ
クレープ posted by (C)kimmy

そういえばここの息子さんは日本に旅行したことがあるらしく、しきりに「日本はいいところだ」と話していました。

Kobana Aquarius
住所:Damjana Jude 4, Dubrovnik
電話番号: 098/1864-350


またレストラン編は後半でもまとめてみます!




JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:グルメ


| travel - europe | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクの城壁歩き

イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行:
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  遡礁腑曠謄襦▲汽凜イ・ホテルのアフタヌーン・ティー
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行◆ 船ロアチア・ドブロブニクの宿
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜世界遺産ドブロヴニクのレストランと街歩き
イギリス・クロアチア・モンテネグロ旅行  〜ドブロブニク水族館とグラスボトムボート

次の日は朝から城壁回り。
この日も朝から快晴!
大通りのプラツァ通りにも、9時ごろすでに人が集まっています。

プラツァ通り
プラツァ通り posted by (C)kimmy

オノフリオ大噴水の前にあるチケット売り場ではたくさんの人が行列をなしてチケットを買い求めています。
でも、クレジットカード使用なら列はかなーり短いです。

噴水前
噴水前 posted by (C)kimmy

営業時間は8:00−18:30。
いくつかある入口から上ります。

案内板
案内板 posted by (C)kimmy

チケットは大人70kん、こども(学生含)30kn。
途中チェックポイントもあるのですが、しっかり一枚一枚チェックしていて、びっくり。
奥さんとはぐれてしまった人が2週目を回っていたら、注意されていました。
チケットはなくさないように、気を付けてください。

チケット
チケット posted by (C)kimmy


去年来た時と同じように、大砲は海を向いていて海洋国家を象徴していました。

海洋国家
海洋国家 posted by (C)kimmy

この日もたくさんの人が城壁を歩いていました。

花と道
花と道 posted by (C)kimmy

雨に備えて端っこには溝もあるので、気を付けてください。

溝
posted by (C)kimmy

戦争で壊れてしまったのか、修復されていない個所もありました。。。

朽ちてゆくもの
朽ちてゆくもの posted by (C)kimmy

自然にかえる
自然にかえる posted by (C)kimmy

崩
posted by (C)kimmy


そして今年は少し季節が遅いのか、美しいポピーが咲いていました。

ここに咲く花
ここに咲く花 posted by (C)kimmy

また、ブドウもつき始めていました。

ブドウ
ブドウ posted by (C)kimmy

ここのお土産屋さんはドブロブニク出身の画家さんが描いたものもあって、可愛らしかったです。

ブドウと土産屋
ブドウと土産屋 posted by (C)kimmy


山側には暮らしの営みが。

祈
posted by (C)kimmy

一休み
一休み posted by (C)kimmy

鐘が響く
鐘が響く posted by (C)kimmy

海側には輝く青いアドリア海が。

アドリアの海
アドリアの海 posted by (C)kimmy

透き通る
透き通る posted by (C)kimmy

5月の空
5月の空 posted by (C)kimmy

夏のハイシーズンでは豪華客船が7隻とか停まるらしい。。。
そうすると町は一気に大混雑!するそうです。

海のもの
海のもの posted by (C)kimmy


乾燥した風が吹いて涼しいとはいえ、照りつける日差しの下を歩くのは結構大変。
ということで、城壁の上では途中でカフェが用意させています。
白いパラソルの下で一休み。

一休み
一休み posted by (C)kimmy

アンティーク
アンティーク posted by (C)kimmy

しぼりたてのオレンジジュース(29kn)やレモンジュース(27kn)があります。
どちらも本当にその場でしぼるので、レモンはかなり酸っぱいです。注意!

メニュー
メニュー posted by (C)kimmy

しぼりたてオレンジジュース
しぼりたてオレンジジュース posted by (C)kimmy

空を見上げれば飛行機雲。

路線変更
路線変更 posted by (C)kimmy


水分チャージしたところで、再び歩きます。
クロアチアの国旗を発見。

国旗を掲げて
国旗を掲げて posted by (C)kimmy

途中でお土産を売っているのも発見。

常に幸せ
常に幸せ posted by (C)kimmy


ルジャ広場にある大きな鐘。

教会
教会 posted by (C)kimmy

それを鳴らしている銅像も、上からならよく見えます。

鐘を鳴らすのはあなた
鐘を鳴らすのはあなた posted by (C)kimmy

そして音楽隊も発見。

music
music posted by (C)kimmy

と思ったら学生集団がやってきて、パーティー状態に!
すごい盛り上がっていました。

party time
party time posted by (C)kimmy

お洗濯ものを干すのも赤い屋根の上というのが、ドブロブニク式みたい。
なんかいいな。

お洗濯日和
お洗濯日和 posted by (C)kimmy

細い路地一つ一つが隠れ家みたい。

細道
細道 posted by (C)kimmy

一番山側から見た景色はいつも本当に心奪われます。
イギリスの劇作家George Bernard Shaw(バーナード・ショー)は「地上の楽園を見たい者はドブロブニクを訪れよ」と賞賛したのも納得です。
まさに「アドリア海の真珠」!

ジブリの世界
ジブリの世界 posted by (C)kimmy



次はドブロブニクのごはん編です。


JUGEMテーマ:旅行


| travel - europe | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
  • 【東京・明治神宮 結婚式】 挙式のみの神前式◆]尊Д屮薀ぅ瀬襯汽蹈
    kimmy (08/04)
  • 【東京・明治神宮 結婚式】 挙式のみの神前式◆]尊Д屮薀ぅ瀬襯汽蹈
    yua (08/03)
  • 岡山女子旅◆ 曾蒜顱Я夘瀏観地区の町屋
    kimmy (03/13)
  • 岡山女子旅  船▲鵐僖鵐泪鹽甜屬帆夘漾三宅商店
    kimmy (03/13)
  • 神楽坂★女子会ランチ 神楽坂 茶寮
    kimmy (03/13)
  • 岡山女子旅◆ 曾蒜顱Я夘瀏観地区の町屋
    るか (03/13)
  • 岡山女子旅  船▲鵐僖鵐泪鹽甜屬帆夘漾三宅商店
    るか (03/13)
  • 神楽坂★女子会ランチ 神楽坂 茶寮
    るか (03/13)
  • 八景島シーパラダイス2回目  船献鵐戰ぅ競瓩罰そ
    kimmy (03/03)
  • 八景島シーパラダイス2回目 〜海獣・ハワイアンショー
    kimmy (03/03)
Recent trackback
hawaiian dictionary
ハワイ語辞書"
My interest and favorites
名言集

presented by 地球の名言

ワンクリック募金
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM